facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

お中元のマナー

日本の古き良き風習のひとつ「お中元」。日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣ですが、いつから始まって、どのような意味があるのかご存知でしょうか?ここではお中元のルーツ、贈る時期やマナーなどをあわせてご紹介いたします。

◆お中元の由来
なぜ「お中元」と呼ばれるのかというと、実は少し複雑な由来があります。まず、中元というのは、三元と呼ばれる中国道教にまつわる行事の中間のものになります。三元とは、龍王の孫とされ、三官大帝と呼ばれる三人の神様の誕生日にあたります。三元には、旧暦で1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元があり、この旧暦で言うところの7月15日がお中元を贈る日として日本に受け継がれています。
では、なぜ、中元に贈り物をするようになったのでしょうか。諸説ありますが、そのうちの有力だと思われる二つの説を紹介します。一つは、中元の日の思想に由来するという説です。中国では、中元の日に神様が人々の善い行いや悪い行いを報告しに天に行く日と考えられており、その報告によって自分の寿命が伸びたり縮んだりするとされました。そのため、中元の日が近づいたら特に善い行いをしようと考えた人々が、日頃の感謝の気持ちを込めてお世話になった人に贈り物をするようになったことが始まりとされています。
もう一つは、盂蘭盆会(うらぼんえ)と関係しているという説です。先ほど、中国道教で旧暦の7月15日が中元であることを紹介しましたが、その日は中国仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)を行う日でもあります。日本ではお盆として受け継がれており、7月15日ぐらいまでに「盆礼」といって子から親へ贈答する習慣がありました。具体的に言うと、盂蘭盆(うらぼん)に嫁として家を出た娘が手土産をもって里帰りをする風習のことを言います。つまり、仏教の盆礼と道教の中元が習合一体化して「お中元」と呼ばれ、贈り物をする日になったのです。

◆「お中元」と「お歳暮」の違い
お歳暮とは、日頃からお世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈り物をするという本質はお中元と変わりありませんが、お中元が夏にするのに対し、お歳暮は冬に行います。お歳暮を贈る時期としては、12月初旬~20日頃までとなっており、先ほど紹介した中国道教の三元の上元(1月15日)と下元(10月15日)にもあてはまらないので、お中元の由来とは異なりそうです。こちらも諸説ありますが、お歳暮の由来は、正月に行われる御霊祭りの御供え物にあります。御霊祭りは祖先の霊を迎えるため本家で行いますが、その際に分家の人が御供え物を年が暮れる前に本家へ届ける習慣からお歳暮へと変化していきました。
時期も由来も異なるお中元とお歳暮ですが、どちらも贈るのが一般的と考えられています。どちらも贈る場合には、お歳暮の方をより高価な品物にするといいでしょう。しかし、金銭的な負担が大きい場合には、お中元ではなくお歳暮を優先して贈ることも可能です。一般的には一年の半ばのお中元より、一年の終わりに贈るお歳暮を重視します。

◆お中元の適切な時期について
まず、お中元を贈る時期ですが、関東と関西では時期にずれがあるのはご存知ですか?
関東をはじめとして、東北や北陸の一部では7月1日~15日、関西や東海、中国、四国などは7月15日~8月15日くらいまでがお中元を贈る時期です。九州などでは、8月初旬から8月15日になります。
それ以降も、贈り物をしてはいけないかといったら、そんなことはありません。
しかし、意味合いが少し違ってきてしまいます。
この時期を過ぎると、立秋あたりまで関東では「暑中お見舞い」になります。
立秋以降や関西の「お中元」の時期のあとは「残暑お見舞い」となってしまい、季節のご挨拶になります。お世話になった感謝の気持ちを伝える、という意味の「お中元」とは少し違うものになってきてしまいますので、ご注意ください。
全国的に7月15日から8月初旬まで、というところが多くなっては来ているようですが、
年配の方にはあまり支持されていません。昔ながらの時期に送るのがよいようです。
関東系なのか、関西系なのか、どちらかわからない、というときには7月15日前後に送っておけば間違いはないでしょう。もともとの道教用語である「中元」とは、7月15日のこと。この前後に届くようにするのがお中元の基本です。

◆お中元を頂いたら!相手に好感を与えるお礼状の書き方
日ごろお世話になっている気持を伝えるお中元。送られたら、お礼状を送るのがマナーです。
爽やかなお礼状で、好感度をアップさせたいものですね。お礼状に書かなければならないことは3つです。
まず、「お中元をいただいたことに対するお礼」。簡潔に、「ご丁寧にありがとうございました」という気持ちを伝えます。
次に、「送ってくれたことに対する気遣いに感謝する気持ち」を書きます。「お気遣い、ありがとうございます」と添えるだけで気配りのあるお礼状になります。
また、いただいたものに対する感想なども一言書いておくと、相手も嬉しい気持ちになります。最後に、「とりあえず書中にてお礼申し上げます」と、手紙でお礼を言うことについての文章を付けます。
逆に、あまりよくないのが、「こちらから贈っていなくてすみません」というような謝罪の言葉を入れることです。言い訳がましくなってしまうと、印象もよくありません。
たとえ贈り忘れていたとしても、純粋に「家族の大好物です、ありがとうございます」と、
うれしいと感じていることを素直に書いてよいのです。
もう一つ、気を付けたいことがあります。目上の人には避けたほうがいいのが、
「おいしかったです」など、食べてしまってからのお礼です。
お礼を言う前に食べてしまうのは、年配の方の中にはあまりよいマナーと思っていない方もいらっしゃいます。友人などにはよいのですが、目上の方にお礼状を出すときは、「おいしそうです。いただきます」など、食べる前のお礼のほうがスマートです。

◆お中元のお返し、どうすれば失礼にならない?
お中元を贈っていない人や、贈りそびれてしまっている人から頂いてしまった場合、ちょっと慌てますよね。早く送らなくちゃ!と思ってしまうと思います。でも少し待ってください。
慌てて送ってはいけません。「忘れていた」ことをアピールするようなものです。
贈っていない方からいただいてしまったら、まずお礼状を出しましょう。
くれぐれも、「うちが贈ってないのにごめんなさい」などと謝罪の言葉は書かないようにしましょう。純粋にお礼と感謝を述べるだけで大丈夫です。
お中元は、日ごろの感謝の気持ちを伝えるためのものです。とはいえ、必ず贈らないといけないものではないので、贈っていないことは失礼には当たりません。かといって、いただきっぱなしも気が引けるもの。では、いつ返したらいいのでしょうか。
お中元のお返しには時期があります。「お中元」いう時期は関東では7月15日、関西では8月15日までです。それ以降は「残暑お見舞い」(関東では、7月16日~8月7日あたりの立秋までは「暑中お見舞い」)となります。残暑お見舞いの時期に、のしを「残暑お見舞い」としてお返しを贈りましょう。その際に、添え状を付けるとより好感度がアップします。
添え状には、「残暑お見舞い申し上げます」と始めて、「夏の疲れが出てくる季節になりました」など、夏の疲れをねぎらう文章を続けます。お返しも、夏の疲れを取る飲み物や食べ物などを贈ると喜ばれます。お中元のお返しはスマートに行いましょう。