facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

~鍋料理の歴史を学ぶ~

鍋料理っていつから始まったのでしょうか?現在では多くの人が鍋料理を食べることが一般的で鍋料理も生活に溶け込んでいますが、そもそも、鍋料理はいつ頃から食べられるようになったのでしょうか?

鍋料理の歴史年表

鍋料理の誕生は器である「鍋の誕生」が起源となります。
鍋としての機能を持ち合わせたものが誕生したのが弥生時代以前のこと。その頃は、大きな貝殻を鍋代わりにするスタイルでした。

鍋状の鉄器が登場したのが平安時代前後。当時編纂された「延喜式(えんぎしき・当時の法令集のようなもの)」に、鉄鍋を朝廷に献上したことが記されています。

鉄鍋が一般庶民にまで普及した平安時代後期から室町時代に、囲炉裏も普及するようになりました。各種調理器具の普及と共に鍋料理も普及していくこととなります。とは言っても当時の鍋料理は、囲炉裏に置いた大きな鍋で作り、それを小鉢に取り分け座敷に運ぶというスタイル。今のような「鍋を囲んで皆でつつく」というスタイルではありませんでした。

現在のような「座敷で鍋を囲む」というスタイルが登場したのは、江戸時代に入ってからのこと。食文化が発展・熟成するようになり鍋料理も大きな発展を遂げます。湯豆腐店、あんこう鍋店、田楽鍋店が登場したのもこの頃です。
そして江戸時代末期から明治時代にかけある鍋料理の登場により鍋料理の人気を一気に高めることになりました。それが「牛鍋(すき焼)」です。

牛鍋が一般庶民に流行することになった背景には「富国強兵策」があります。日本では仏教伝来以来長らく肉食が禁止されてきましたが、文明開化・富国強兵が声高に叫ばれるようになり、国が肉食を推奨するようになったのです。
その頃から「座敷に置かれた一つの鍋を皆で囲んで食べる」という、現在の鍋料理スタイルが一般的になっていきました。

そして現在。鍋料理はもはや食卓に欠かせない定番メニューとして、多くの人が慣れ親しんでいます。

200年の間の鍋料理の発展の著しさは、目を見張るものがあります。
そこには一つの鍋を皆で囲んで食べるという鍋の魅力に憑りつかれる人がいかに多いかが見てとれますよね。