facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

手作り鶏ハムの魅力

話題となった手作り鶏ハム。

そのおいしさから、流行を超えて定番の
メニューになっていますね。

手作りした鶏ハムは添加物を使わないので安心ですし、
健康のためにもぜひともレシピを知っておきたいものです。

今回は鶏ハムの簡単な作り方や炊飯器レシピなどをはじめ、
さまざまな味付けのバリエーションや、
ソースで楽しむ鶏ハムレシピ、洋食・和食・サンドイッチなど
鶏ハムを使った料理レシピなどをさまざまにご紹介します。

ぜひ、鶏ハム作りにチャレンジしてみませんか?

手作り鶏ハムの魅力とは!?

無添加で作ることができる

市販されているハムも、とっても美味しいのですが、
一般的な市販のハムを加工するには、
保存性を高めたり美味しそうな色にするため、
どうしても添加物を多く使ってしまいます。

それと比べ家庭で手作りする鶏ハムならば
無添加で作れるのでとても安心ですね。

カロリー控えめでヘルシー、しかも経済的!
鶏ハムは、鶏肉の中でも特にさっぱりしている
鶏むね肉をおもに使いますので、とてもヘルシーで、
しかも経済的です。

出来上がるまで時間は少しかかりますが、
作り方はとっても簡単で、
どなたでもおいしい鶏ハムが手作りできます。

栄養価が高い

鶏むね肉は、脂肪の多い皮を取り除くと、
牛や豚のヒレ肉なみになる低脂肪・高栄養のヘルシーミートです。

鶏肉のタンパク質は、毎日の食事で取らなければならない
必須アミノ酸のバランスが良いうえ、
消化吸収率なんと95%と高いものです。

お年寄りや子供、胃腸の弱った人にも好適なのに加え、
豊富に含まれるメチオニンという成分が
肝機能強化に有効な点も見逃せません。

鶏肉にはビタミンAやB群をはじめ各種ビタミンが豊富です。
なかでもむね肉にはビタミンBの一種、
ナイアシンの多いことがわかっています。

皮膚や粘膜の健康、眼精疲労に良いビタミンAに加え、
代謝を進めて細胞を元気にするビタミンB群、
疲労回復や粘膜・消化器系の保護に良いナイアシンも
豊富なのが鶏むね肉です。

ナイアシンは肉の部分に多いため、
皮を取り除いても損なわれません。

 

夢創鶏の鶏ハムがあれば簡単・便利にお使いいただけます。
美味しい鶏肉の通販なら宮崎英楽

 

洋風・和風・サンドイッチまで

鶏ハムがあれば、そのまま食べるのはもちろん、
サンドイッチ、チャーハン、ラーメン、サラダ、
などのメニューが簡単に作れます。

様々なお料理にアレンジしやすいところも大きな魅力です。

とにかく作り方は簡単

鶏ハムを作る基本の材料は、
・鶏むね肉・砂糖・塩 の3つだけです。

シンプルな材料で簡単に作ることができる、
これが鶏ハムの最大の魅力かもしれません。

◆鶏むね肉で作る鶏ハムの基本レシピ


【材料】
・鶏むね肉・・・1枚
・砂糖・・・大さじ1/2~1
・塩・・・大さじ1/2~1
・粗引きこしょう、ハーブなどお好みで

1. 鶏むね肉の皮をとり砂糖、塩も揉みこみ、
ビニール袋で密封して半日から一日おく。

2. ボウルに水を張り鶏むね肉を入れ、
水を細くだし(もしくは取替)30分以上置いて塩抜きをする。

3. ラップでできるだけきっちり包み、
キャンディーのように形を整える。

4. たっぷりのお湯を沸騰させ3を入れる。
もう一度沸騰したら火を止め冷めるまで置いておく。

こしょうやハーブで味をつける場合は、
3でラップに調味料を広げて巻くと簡単です。

◆炊飯器を使う方法もあります

鶏ハムの一般的な作り方は、鍋で短時間ゆでて放置しますが、
季節によって温度が下がりやすく中心まで火が入らないことも…。

でも、炊飯器の保温モードを使えば、70℃程度の
温度をキープできますので鶏ハム作りに便利。

なお、短時間ゆでてから炊飯器の保温にかけるレシピもあります。
思い立ったらすぐに美味しい鶏ハムが食べたい!
となった時には、炊飯器の保温機能を使った低温調理をお試しください。

【材料】

・鶏むね肉・・・1枚(300g)
・塩・・・小さじ1
・お好きなハーブ・・・小さじ2
・オリーブ油・・・70㏄
・ジップロック1枚

1.鶏むね肉に塩を両面にふりかけ、
ハーブをまぶす。

2.ジップロックに鶏むね肉とオリーブオイルを入れ、
ボウルに水(分量外)をはりジップロックの
口を閉じずにゆっくりと水の中に沈める。
(口のぎりぎりまで)

3.空気が入らないようにしっかりと口を閉じる。

4.炊飯器に沸騰した熱湯(分量外)を入れ3を
袋ごとゆっくりと沈め湯温が70~75℃になるように調整します。

(最初は少し高めにしておきます。)
炊飯器の蓋をして炊飯器を保温にし40分待つ。

(途中20分後に湯温が60℃以下になっていたら
湯を足し65℃くらいに調整する)。

ポイント

湯温を70℃~80℃に保つと少し固めに仕上がります。
60℃以下になっていたら60℃以上になるように!!
65℃くらいが一番やわらかくしっとり仕上がります。

◆電子レンジを使って簡単に

簡単な作り方としては、電子レンジを使うのもいいようです。
調理時間自体はごくわずかですので、
忙しい方にもおすすめです。

【材料】

・鶏胸肉・・・1枚
・塩麹・・・大さじ3
・酒・・・大さじ1

1.鶏胸肉をさっと洗い、ペーパーでよくふき、
保存袋にいれて塩麹をまぶし、冷蔵庫で一晩寝かす。

2.の鶏胸肉を取り出し皮を取り、
麹を綺麗にペーパーでふき取り、
ラップで丸く整形する(きつめに巻く)。

3.お皿に2の整形済みの鶏胸肉と大さじ1の酒をいれ、
やんわりラップをして、600wで2分、
肉を裏返して1分レンジにかける。

4.皿のまま粗熱がとれるまで放置する。
粗熱がとれたら、肉をラップごと保存袋等にうつし、
冷蔵庫で冷やす。

 

・夢創鶏おいしさのヒミツ

夢創鶏の鶏ハムがあれば簡単・便利にお使いいただけます。
美味しい鶏肉の通販なら宮崎英楽