facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

鶏ハムの冷凍方法まとめ|保存期間や解凍方法も解説

鶏ハムの冷凍方法まとめ|保存期間や解凍方法も解説

おいしくてヘルシーな鶏肉ですが、
傷みやすいからこそ保存方法には気をつけておきたいですよね。

ご自宅で手作りした鶏ハムや、お店で購入した鶏ハム。
実は冷凍保存をしたほうがおいしく、
そして安心して食べられるのをご存じでしょうか?

こちらでは、鶏ハムを冷凍保存する方法や解凍する方法、
保存した鶏ハムの賞味期限についてご紹介します。

また、解凍した鶏ハムのおすすめの食べ方についてもご紹介。
鶏ハムをおいしく召し上がるために、
ぜひ参考にしてみてください。

簡単便利に使える鶏ハムはこちら

鶏ハムの冷凍方法

食べ切れない分の鶏ハムはカットして、
清潔な保存容器に入れて冷凍保存しましょう。

 

鶏ハムを冷凍保存するタイミング

鶏ハムは冷蔵の状態で3~4日ほど保存ができます。
食べ切るまでにこれ以上時間がかかりそうな場合には、
念のため冷凍保存しておくことをおすすめします。
冷凍保存しても、問題なくおいしさを保つことができます。

 

鶏ハムを冷凍保存する容器

鶏ハムを冷凍保存するときの容器は、
なるべく空気が入らないものが適しています。

鶏ハムが空気にふれてしまうと、水分が抜けて乾燥しやすくなり、
風味を損ねやすくなってしまいます。

市販のフリーザーパックなど、
空気を抜いて密封できる容器があると便利です。

 

冷凍保存する鶏ハムのカット方法

冷凍保存する鶏ハムは、あらかじめ使いやすい
大きさにカットしておきましょう。

そのまま食べられるようにスライスしても構いません。

カットした鶏ハムを小分けにして冷凍保存すれば、
次回食べるときに必要な分だけを解凍できるようになります。

 

鶏ハムを冷凍保存する方法

カットした鶏ハムは、食中毒を避けるために清潔な
容器に入れましょう。

フリーザーパックに入れるのであれば、
できるだけ空気を抜いて真空状態に整えてください。

また、容器の中の鶏ハムは平らになるようにしておくとよいでしょう。

 

簡単便利に使える鶏ハムはこちら

おいしく冷凍するコツ

鶏ハムをおいしく冷凍するコツをご紹介します。

 

水分を逃さないこと

鶏ハムには胸肉が使用されています。
胸肉は脂肪が少なくヘルシーな食材として知られていますが、
脂肪が少ないからこそ、水分が失われてしまうことで
パサつきやすくなるのです。

鶏ハムのおいしさを損ねないためにも、
冷凍するとき冷凍庫内でなるべく水分が
失われない状態にしておきましょう。

スライスした鶏ハムは空気が入らないよう
ラップで包むことで、乾燥を防げます。

 

砂糖と料理酒で下味をつけること

鶏ハムを冷凍保存するとき、砂糖と料理酒で下味をつけると
おいしさを保ちやすくなります。

まず、砂糖は水分を保つ力があることから、
鶏ハムのしっとりとした食感を守ってくれる調味料です。

さらに、下味に料理酒を使うとお肉のくさみを
取ってくれるため、解凍後に少し時間が経っても
おいしく食べることができます。

砂糖と料理酒はほかの調味料との相性もよく、
お味の邪魔にもなりません。

簡単便利に使える鶏ハムはこちら

加熱しすぎないこと

鶏ハムを作るときに加熱しすぎると、胸肉の水分が失われて、
パサつきやすくなってしまいます。

それと同じように、解凍した鶏ハムを加熱しすぎるのも、
パサつきの原因となります。

鶏ハムのしっとりとした食感を保つために、
冷凍前の加熱しすぎを防ぐとともに、
解凍時には加熱を行わず、
自然解凍か流水による解凍を行うようにしましょう。

 

 

鶏ハムを冷凍するメリット

鶏ハムを冷凍保存するメリットをご紹介します。

 

好きな分だけ無理なく食べられる

鶏ハムを冷凍保存すると、一度にすべての鶏ハムを
食べ切る必要がなくなるため、いつも好きな分量を
無理なく食べられるようになります。

カットして小分けにして冷凍保存すれば、
食べる量だけを解凍することになるため、
残りの鶏ハムをおいしい状態のまま保管できるようになります。

 

新鮮なおいしさを保つことができる

鶏ハムを冷凍すると、お肉のおいしさを保ちやすくなります。
食べ切れなかった鶏ハムを冷蔵の温度で保存すると、
お肉は時間とともに少しずつ劣化していきます。

すると、鶏ハムの味や品質が本来の状態から損なわれてしまうのです。
それに対して、鶏ハムを冷凍で保存すると、
この劣化をなるべく遅くすることにつながります。

鶏ハムのおいしさを保つためにも、冷凍保存をご活用ください。

簡単便利に使える鶏ハムはこちら

 

安全に食べることができる

そもそも鶏肉は、ほかのお肉と比べて賞味期限が
短いことで知られています。

基本的にはなるべく早くお召し上がりいただくのが一番ですが、
冷凍することで賞味期限を少し長くすることが可能です。

冷蔵保存のままで食べごろを過ぎてしまうと、
食中毒のおそれもあります。

鶏ハムが傷んでしまうのを防ぐためにも、
なるべく新鮮なときに冷凍保存して、
安全にお召し上がりください。

 

 

鶏ハムの冷凍保存期間・賞味期限

鶏ハムを冷蔵した場合ですと、
保存期間は3~4日とかなり短くなります。

それに対して、鶏ハムを冷凍保存すると2~4週間は
保存できるようになります。

冷凍することでおいしさを保つことができますが、
なるべく早く食べ切るように心がけましょう。

簡単便利に使える鶏ハムはこちら

 

鶏ハムの冷凍保存期間

冷凍保存した鶏ハムは、少なくとも2~4週間以内には
食べ切るようにお気をつけください。

長期間冷凍庫に保管した鶏ハムは、冷凍焼けによって
風味が損なわれてしまう場合があります。

冷凍焼けとは、冷凍庫内で食材の水分が抜けたことにより、
品質が劣化してしまうことです。

特に、日頃から開閉の多いご家庭の冷凍庫では、
冷凍庫内の温度が高くなったり低くなったりするため、
冷凍焼けを起こしやすくなっています。

鶏ハムをおいしく召し上がるために、
冷凍保存期間を守りましょう。

 

解凍した鶏ハムの賞味期限

鶏ハムを解凍したら、必ずその日のうちに
食べ切るようにしましょう。

一度解凍した鶏ハムは日持ちしません。

また、解凍した鶏ハムをふたたび冷凍保存することも
避けるようお気をつけください。

解凍するときのことを考慮して、
冷凍する前にあらかじめ小分けにしておくと便利です。

冷凍した鶏ハムは食べ切れる分だけ解凍してください。

 

鶏ハムの解凍方法・食べ方

解凍した鶏ハムを生野菜と合わせてアレンジしたり、
そのままお酒のおつまみにしたり、
お好みの方法でお楽しみください。

 

鶏ハムの解凍方法

鶏ハムを解凍するなら、自然解凍がおすすめです。

自然解凍をする場合、冷凍庫の鶏ハムを冷蔵庫に移して
しばらく置きます。

やや時間がかかるため、召し上がる前日には
冷蔵庫に移すようにしましょう。

あるいは、密閉できるフリーザーパックをお使いなら、
流水で解凍する方法もあります。

2~3分流水をかけて解凍してください。
なお、鶏ハムをカットしない状態で冷凍保存すると、
解凍にかかる時間が長くなります。

解凍後に手軽に料理に使いたいときは、
冷凍前にカットしておきましょう。

簡単便利に使える鶏ハムはこちら

 

解凍した鶏ハムの食べ方

解凍した鶏ハムは、そのままでもおいしく
お召し上がりいただけますが、少しアレンジを加えると
よりおいしく仕上げることができます。

たとえば、玉ねぎやきゅうりなど生野菜を添えて、
サラダに取り入れてみてください。

オリーブオイルやレモン汁を少々かけると、
さらに味が引き立ちます。

また、鶏ハムはお酒のおつまみとしても最適です。
胡椒やマジックソルトを少々振って、
ワインと合わせてみてください。

また、意外にビールや日本酒と合わせてもおいしくなります。

 

まとめ

鶏ハムのおいしさを保ったまま冷凍保存し、
解凍してから食べるまでのポイントをご紹介しました。

ヘルシーな鶏ハムは、ご家庭で気軽に手作りできる
メニューとして人気を集めています。

そんな鶏ハムがお好きな方には、
食のプロが長年にわたる試行錯誤のすえに生み出した、
ブランド鶏「夢創鶏」の鶏ハム(生たたき)をおすすめします。

 

新鮮な原材料が使用されているのはもちろん、
塩と水だけを使用した特殊な方法によって消毒されているため、
安心して食べられるのも特徴です。

流水で解凍してすぐにお楽しみいただけます。
特別な鶏肉と塩だけを使用して作られたシンプルな生たたきを、
フレッシュな状態で冷凍してお届けします。

ぜひ一度ご賞味ください。

 

簡単便利に使える鶏ハムはこちら