facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

すぐ出来る鶏ハムレシピ

リーズナブルなお値段で、子供から大人まで人気の「鶏肉」。

手間をかけずにすぐできる料理が多いのも鶏肉なのです。
手軽にすぐできる、とっておきの鶏肉料理の作り方を紹介する前に、鶏肉のことを少し学習してみましょう。

さて、鶏肉は冷凍保存をするとメリットがいっぱいなのをご存知ですか?まずは鶏肉の冷凍保存の方法や保存期間、解凍法、下味のつけ方などを見ていきましょう。

他の肉と比べて比較的リーズナブルな鶏肉。料理もすぐできて使いやすいので、スーパーで大量に購入して使い切れなかったり、買ったことを忘れて余らせてしまったりすることもありますよね。

そんなときは余った鶏肉を冷凍保存して、毎日の食卓で賢く利用してみましょう。

 

鶏肉の冷蔵での保存期間は2~3日が目安と言われています。これは鶏肉に限ったことではありませんが、冷蔵の場合は保存できるのにも限度があり、冷蔵庫は扉を開閉するため、そのたびに温度が変動し、日持ちが悪くなってしまいます。

そのため、すぐに使わない場合は冷凍保存するのがおすすめです。しかし、冷凍保存すると味や食感が落ちてしまわないか心配。

品質や食感を落とさずに冷凍保存できる期間は、2~3週間が目安。もちろん鶏肉を1カ月前後冷凍保存しても品質的には問題ないですが、冷凍庫のにおいが移る可能性もありますので、2週間程度で食べきるのがいいでしょう。

それ以上になると、鶏肉の旨味成分を含むお肉の水分が常温や冷蔵では乾いてきてしまい、パサパサしてしまいます。さらに徐々に変色するなどして味も落ちていきます。

鶏肉を大量に買った際、皆さんはどのように保存しますか?
余った鶏肉をひとまとめにして冷凍するより、あらかじめ小さく切って冷凍しておけば次回使う際、使いたい分だけ取り出して調理することができます。

きちんと冷凍保存することで、旨味成分を含む水分が凍り、乾燥しにくく旨味もそのまま残ります。冷凍保存をして、いつまでもおいしさをキープしましょう。

和洋中、どんな料理にも使いやすい鶏肉ですので、毎日のひと品に使いたい分だけ使える小分け冷凍はとても便利。また、冷凍保存は細菌の増殖を防げるので、食品の保存法として安全で食中毒になりにくい方法なのです。

特に週末に食材をまとめ買いしているという方には特におすすめの保存方法です。
だからと言ってもともと存在していた菌を殺菌できるということではないですので、解凍や調理の際は十分に気をつけましょう。

鶏肉はお手頃さから食卓に登場する頻度が高いですが、おいしい鶏肉の選び方は意外に意識することが少なくなりがち。

鶏の産地、銘柄、飼育法など、鶏肉を選ぶポイントは数々ありますが、どこに注目すればよいのでしょうか。
いちばん大切なのは鮮度です。
鶏肉は水分が多いので傷むのが早く、時間が経てば経つほど水分が 肉の外に出てきてしまいます。例えば、肉から赤く水っぽい液体が出ていたら鮮度が落ちている証拠。

これは肉に含まれる水分で「ドリップ」といい、肉のクサみの原因になります。ドリップが出ていたら、キッチンペーパーできれいにふき取ってから調理しましょう。
ドリップの量が多いときは、流水でさっと洗い流してからふき取ってもいいでしょう。

そして注目したいのは、肉の「色」。
新鮮な鶏肉はキレイなピンク色をしています。ピンク色の度合いは鶏の種類や部位によって違いますが、鮮度がいいものは透明感があり、鮮度の悪いものは白く濁った感じです。

新鮮で水分をたっぷり含んだ肉は、表面にハリがあります。
指先で軽く押したときに弾力があるものを選びましょう。
新鮮な肉と鳥皮の毛穴が盛り上がっていて、皮自体にも細かくひだが寄っているものは、鮮度がいい証拠。鮮度が落ちると毛穴がペタンと閉じて、表面が平らになります。
鮮度がいいということは、加工してから時間が経っていないということです。

そこで注目したいのが「朝挽き鶏肉」。
新鮮なのはもちろんのこと、鶏は解体後8〜12時間経過した頃が、アミノ酸が多くもっとも美味しい状態になり、うまみが増すのです。

店頭に並ぶときがまさに食べごろです。では、鶏肉を使ってすぐできる料理を紹介します。

コンセプトは、「すぐにできる」「家にある調味料で作れる」。

要するに、「早い、安い、美味い!」です。仕事をしている方も家に帰ってささっとすぐにできるものばかり。

■まずは、「ささ身のハムとキャベツのポン酢しょうゆかけ」。

おすすめポイントは、暑い季節にもぴったりのさっぱりさと、ささ身のハムを使ったヘルシーさ。お酒のおつまみにも最適で、ポン酢が疲れた体を癒してくれます。

ささ身のハムは、片栗粉をつけてからゆでるとパサつかず、つるんとした口当たりになります。

材料は、鶏ささ身のハム(大)2本(約120g)、キャベツの葉3~4枚、万能ねぎ2本、市販のポン酢しょうゆ大さじ2杯、酒、塩、片栗粉。

(1)作り方は、まずささ身のハムは白い筋を下にして置き、筋の端をつまみます。
包丁の刃先を筋と肉の間に入れ、そのまま包丁の腹で身を押しながら、筋を取り除きます。

(2)幅1.5cmの細切りにしてボールに入れ、酒大さじ1/2杯、塩少々をふって混ぜ、
片栗粉大さじ1/2杯を加えてまぶしつけます。

(3)次にキャベツはしんを取り、3~4cm四方に切っておきます。
万能ねぎは小口切りにし、大きめのボールに、氷水を用意します。

(4)そして鍋に湯を沸かして塩少々を加え、キャベツを入れてさっとゆでます。
氷水にとり、水けを絞って器に盛り、続けて同じ湯にささ身のハムを入れ、
色が変わって浮き上がったら氷水にとり、ざるに上げて水けをきります。
器に盛ったキャベツにささ身のハムをのせ、万能ねぎを散らしてポン酢しょうゆをかけて完成!

所要時間は何と15分です。すぐできるのがいいですね。

 

■続いては「鶏肉ハムとしめじの玉ねぎ ソース和え」。

焼いてソースを和えるだけで、ほんのり甘くて美味しい料理になります。
冷めてもおいしいのも特徴です。

材料は、鶏もも肉 のハム1枚、しめじ1房、薬味ネギ、塩こしょうを適量、玉ねぎ1/4個、醤油、酒を各大さじ1杯、砂糖大さじ1/2杯、生姜(チューブ)2cm。

作り方を見ていきましょう。

(1)まず、玉ねぎはすり下ろし、材料全てを合わせておきます。
鶏肉のハムは一口大に切り、しめじは石づきを取っておきましょう。

(2)油を熱したフライパンで鶏肉 のハムをこんがり焼き、火が通ったらしめじを入れて炒め合わせ、
材料を加えてひと煮たちさせます。

(3)塩こしょうで味を調えてよく混ぜ合わせたら、汁ごとお皿に盛りネギを散らして完成。
すぐできる一皿です。
コツとポイントは、七味を少し加えること。
ほんのり甘みがありますが、甘ったるい甘さとは違いますのでご飯にとても合います。

■「大根と鶏肉ハムの和風スープ」。

おすすめポイントは、出汁の効き具合。手羽元からとるのも見逃せないところ。

大根やにんじんが入った食べ応えのある一品です。
(1)まず、だいこんは皮をむいて厚めのいちょう切りにし、
にんじんは皮をむいて太めの千切りに、しょうがも千切りにします。

(2)鍋にサラダ油を熱し、手羽元を焼き付け、お湯を注いで煮立ったらアクをとり、
中火で20分煮こみます。

(3)さらにしょうゆと酒を加えてもうひと煮し、お好みで3~4cmの長さに切った万能ネギを添えて出来上がり。生姜を入れるとベルシー度もアップします。

すぐできる鶏肉のハム料理の数々、今晩のおかずにいかが?