facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

テレビでも紹介された鶏ハムの簡単レシピと応用料理・春夏秋冬編

ヘルシーで低価格という点から人気の鶏ハムですが、主婦層がよく見る情報テレビ番組で紹介されたことによっても知名度を上げました。

 

手軽に作れてアレンジが色々できるのが最大の特徴、使い勝手が良いと好評を呼び各ご家庭に浸透していった鶏ハム。

 

ここではテレビでも紹介されていたレシピを参考にしながら、春夏秋冬どのシーズンでもアレンジが可能なオリジナル鶏ハム料理をご紹介していきたいと思います。

 

サラダや冷菜、温かい料理まで様々なものがありますのでぜひ参考にしてみてください。

 

テレビでも紹介された鶏ハムのレシピ

【材料】

・鶏ムネ肉…1枚

・砂糖…大さじ1

・塩…大さじ1

・コショウ…少々

・保存袋(ジップロック)

 

【作り方】

1・鶏ムネ肉に砂糖・塩・コショウをまぶし、その都度よくすりこむ。

 

2・保存袋に入れて空気を抜き、1~2日間冷蔵庫で寝かせる。寝かせている間に鶏肉から水分が出てきた場合は、水分を捨てる。

 

3・鶏肉を軽く水洗いし、水に30分ほど漬けて塩抜きをする。

 

4・弱火で5~6分茹でフタをし、そのままスープの中で半日寝かせたら出来上がり。

 

こちらがテレビの情報番組で紹介されていた鶏ハムのレシピです。

基本的なことを抑えつつ、ポイントとしては冷蔵庫で寝かせる時間と水分を捨てるというところが挙げられます。

 

また、塩抜きする点についても触れていますね。

家庭で作る際には時短のため、この塩抜きをしない作り方をしている人が多いかと思います。

小さいお子さんがいる家庭では塩分を気にするでしょうから、この塩抜きは大事な工程といえるでしょう。

 

季節ごとの鶏ハム応用料理

○鶏ハムと筍の春サラダ

 

【材料】

・鶏ハム…1枚

・新玉葱…1/2個

・茹で筍(穂先)…100g

・春キャベツ…5~6枚

・★レモン汁…大さじ1

・★オリーブオイル…大さじ1

・★胡椒…少々

・ミントの葉…20枚

 

【手順】

1・鶏ハムは手で食べやすい大きさにちぎります。新玉ねぎはできるだけ薄くスライスして水にさらしておきます。

 

2・筍の穂先を茹でて、竹串がスッと入るくらいの硬さになったら水の入ったボールに移します。

 

3・春キャベツは2cmほどの厚さで千切りにします。

 

4・大きめのボールに★の調味料を混ぜ合わせ、そこに1~3の食材を入れます。

 

5・10分ほど置いて調味料が浸透したら、最後にミントの葉を加えて和えます。お皿に盛り付けたら完成です。

 

こちらはシンプルながら旬の食材を使ったアレンジレシピとなります。

春先に美味しい筍や春キャベツと鶏ハムが非常にマッチした栄養たっぷりのサラダ料理。

野菜もたくさん摂取できて、ミントのさわやかな香りと鮮やかな色が活きた写真映えもする一品ですね。

 

もちろんミントの香りが苦手な人は取り除いても大丈夫、代わりにルッコラやクレソンを入れても綺麗に仕上がりますよ。

 

○鶏ハムとトマトのカッペリーニ仕立て

 

【材料】

・カッペリーニ…250~300グラム

・水…2リットル

・塩…大さじ2

・★鶏ハム…1枚

・★トマト…中サイズ2個

・★チューブにんにく…小さじ半分

・★オリーブオイル…大さじ3

・★白だし…大さじ3

・★塩昆布大さじ…2くらい

・大葉…5~6枚

 

【手順】

1・トマトを食べやすい大きさに切ります。鶏ハムと大葉も千切り状にしておきます。

 

2・★をすべて大きめのボールに入れてよく混ぜ合わせます。その後、冷蔵庫で冷やしておきます。

 

3・2リットルの水に塩大さじ2を加えて沸騰させ、カッペリーニを袋の表記通りに茹でます

 

4・カッペリーニが茹で上がったら、すぐに流水で洗って冷やします。氷があればたっぷり使ってキンキンに冷やしましょう。こうすることで、麺が引き締まりほかの具材との絡みがよくなります。

 

5・カッペリーニは水気をよく切り、その後2のボールに入れます。全体を混ぜ合わせたらお皿に盛り、大葉を飾って完成です。

 

こちらは夏場にもぴったりなアレンジレシピとなります。サラダ感覚で食べられますので、暑い日などにも最適ですね。

トマトの酸味と鶏ハムの塩気が効いたパスタ料理ですが、大葉を使うことで和風テイストな仕上がりになります。

ちなみにこちらの分量は2人前ですので、おひとりの場合は半分の量で作ってみてくださいね。

カッペリーニがない場合はそうめんを使っても美味しく出来上がりますので、試してみてください。

その際にはオリーブオイルを少し減らして、白だしを多めにするとそうめんと上手くマッチすると思います。

 

○鶏ハムのさつまいも和え

 

【材料】

・鶏ハム…1枚

・さつまいも…大1本モッツァレラチーズ200g

・ミックスナッツ…適量

・クレイジーソルト…適量

・塩…適量

・バターもしくはオリーブオイル…大さじ1

 

【手順】

1・最初にさつまいもを一口大にカットして水にさらし、耐熱皿などに乗せます。ラップで包んで電子レンジで加熱し、柔らかくしておきます。

 

2・次に鶏ハムとモッツァレラチーズをさつまいもと同じ大きさにカットします。

 

3・柔らかくなったさつまいもと2をバターもしくはオリーブオイルで和えます。

 

4・その後、軽く潰したミックスナッツと塩を入れてさらに混ぜ合わせる。

 

5・お皿に盛り付けたら最後にクレイジーソルトを少量振りかけて完成です。

 

こちらは秋用のアレンジレシピです。

さつまいもが美味しい時期ですが、丸々一本食べるのはきついという方にはこうしたお惣菜へ応用することをおすすめします。

 

これなら多めにさつまいもを多めに買ってしまった、というときにも使えますので便利ですね。

少しだけマヨネーズを加えても美味しく仕上がります。

 

○あったか鶏ハム大根

 

【材料】

・鶏ハム…1枚

・大根…半分

・★醤油…大さじ2

・★みりん…大さじ2

・★酒…小さじ1

・★水…600cc

・★チューブしょうが…小さじ2

・白髪ネギ…適量

・辛子…お好みで

 

【手順】

1・大根の皮を剥いて6cmほどの厚さにカット、面取りをして隠し包丁を入れておきます。

 

2・鶏ハムも同様の厚みにカットしておきます。

 

3・★の調味料を鍋に入れて、酒が煮きるまで加熱します。

 

4・大根を入れて蓋をし、しばらく煮込みます。

 

5・大根にあらかた熱が通ったら、鶏ハムを加えて再度弱火で5分ほど加熱します。

 

6・お皿に盛り付けたら、白髪ネギを乗せてお好みで辛子を添えて完成です。

 

冬場に食べたくなる大根の煮物。豚やブリなどと一緒に炊くことが多い大根ですが、鶏ハムを使うことでさらにヘルシーな一品となります。

 

あらかじめ鶏ハムが調理済みであれば、すぐにでもできる時短レシピです。

冷蔵庫で保存3日目などの鶏ハムがあればこちらの料理に応用するのが最適ですね。

少し硬くなってしまった鶏ハムも、大根と煮込むことで柔らかくなりジューシーさが復活します。

また、日にちが経ってしまった食材の殺菌効果もありますから一石二鳥ともいえます。

 

鶏ハムはアレンジ自由自在の万能食材

このように、「自宅で簡単に作れると評判」とテレビでも紹介されていた鶏ハムはクセがなくてどんな料理にも応用が可能です。

作ってから時間が経ったものは野菜などと一緒に少し煮込むことで、柔らかさが戻ってきます。

その際、あまり長時間加熱すると肉質がボロボロになってしまうので注意してくださいね。

 

主に鶏胸肉を使用していますのでカロリーも少なく、ダイエット中の方にもおすすめの鶏ハム。

ご紹介したようなアレンジレシピを活用すれば飽きることなくダイエットが捗ると思いますので、せひ実践してみてください。