facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

鶏ハムの作り方でもっとも簡単な方法はどれだ?レンジや炊飯器でも可能!

鶏ハムを自宅で作る場合、あなたはどのように調理していますか?
ちなみにもっとも多くの人が使っている手順というと鶏肉に下味を付けて、冷蔵庫で一晩寝かせてからラップに包んでボイルするというやり方だと思います。

もちろんこれで正解ですし、味もよく染み込んで美味しい鶏ハムが出来上がると思います。

しかし、毎回これをやるとなるとちょっと手間がかかりますよね。
主婦の方だとなおさらもっと手軽に作りたいと思うはずです。

そんなあなたのためにここでは鶏ハムの作り方で簡単な方法をご紹介していきたいと思います。

鶏ハムを作るのにもっと時間を短縮させたいという方には必見の内容ですので、ぜひご覧になっていってください。

鶏ハムを電子レンジで簡単に作る方法

実は鶏ハムは電子レンジでパパッと作ることが可能です。

その作り方はというと、最初は通常の鶏ハムの工程と同じ。

鶏胸肉を包丁でカットしながら全体の厚みが均一になるように開いて、フォークで何箇所か刺していきます。

それに塩と砂糖をまぶしてよく揉み込むます。
味が馴染むようにしたら、それをラップで2重に巻いていきます。

ここまでは通常の作り方ですね。
ここからが鶏ハムの簡単な電子レンジ調理法です。

ラップで巻いた鶏胸肉には爪楊枝などで何箇所か穴を開けておきます。
こうすることで電子レンジ内で爆発する可能性を防げますので、忘れないようにしましょう。
(基本的に鶏肉だけでは爆発はしませんが水分が多いものの場合、密閉されていると水蒸気がラップ内にたまって破裂する可能性があります。)

そして、それを電子レンジに入れて500wで6分加熱します。
時間が経ったら少し角度を変えたり、形によっては裏返したりしてもう2分加熱しましょう。

出来上がったものを取り出して、水の張ったボールに入れて塩抜きをします。

塩抜きをする時間の長さは好みの味になるまでで大丈夫です。
料理に使用したりする場合は塩抜きをしなくてもかまわない場合があります。

これで完成です。
ものすごく鶏ハムの作り方としては簡単ですよね。

また、電子レンジで作る簡単な鶏ハムのアレンジレシピもご紹介していきましょう。

○鶏ハムのアボカドペースト巻き

【材料】
・鶏胸肉…1枚
・アボカド…1個
・塩…少々
・ブラックペッパー…少々
・マヨネーズ…小さじ1
・辛し…少々

【手順】
1・まず鶏胸肉を開いて表面に塩、ブラックペッパーをふり20分程置いて味を馴染ませます。

2・次にアボカドの種を取り除きボールに中身をスプーン等を使って取り出します。

3・2にマヨネーズ、辛しを加えてフォーク等で粗く潰しながら混ぜ合わせましょう。
(ディップのような感じになるまで)

4・ラップを大きめに広げて、そのうえに1の鶏胸肉を乗せます。

5・3のアボカドペーストを鶏胸肉の表面に塗っていきます。

6・鶏胸肉を端からクルクルっと丸めてアボカドを包んだら、ラップで包んで両サイドを捻って止めます。更にもう一回ラップでしっかり包んで二重にします。

7・爪楊枝などで数箇所さして、空気穴を作ります。
この作業をしないと、中の水分が膨れ上がり電子レンジの中で破裂してしまう恐れがありますので忘れないようにしてください。

8・あとは耐熱皿に乗せて500wの電子レンジで5分ほど加熱。そしてひっくり返してまた3分ほど加熱してください。
(途中で何度か転がすようにして向きを変えるのがベストです)

9・加熱が終わったら電子レンジから取り出して荒熱をとるようにして冷まします。

10・冷めたものをお好みの厚さにカットしたら完成です。

アボカドの身を取り出して、マヨネーズや辛子と合えたものを塗って電子レンジに入れるだけですから簡単なアレンジレシピだと思います。
鶏ハムの作り方としてはかなり時間が短縮されているものになりますね。
全体で15分程度だと思いますので、作りたいと思ったときに手軽にチャレンジができます。

再度の注意をしておきますが、鶏ハムを作る際にラップで包んだものを電子レンジに入れるときには必ず空気穴を開けておきましょう。
せっかくの料理がだいなしになってしまうかもしれませんからね。

鶏ハムを炊飯器で作る簡単な方法

次にご紹介するのは炊飯器で鶏ハムを作る方法です。
こちらも作り方としてはかなり簡単ですからぜひ参考にしてください。

まずは炊飯器でのベーシックな鶏ハムの作り方から見ていきましょう。
ここでは鶏胸肉2枚分でご説明していきます。

最初に鶏胸肉は皮を取り除き、砂糖と塩を順番にすり込みます。
そして次にチャック付きの保存袋に鶏胸肉を1枚ずつ平らに入れます。
身がパサパサにならないようにするために、むいた皮も一緒に入れて密封します。
(皮が好きな方は付いたまま作ってもOKです)

ここからが重要なポイントです。
炊飯器の釜に沸騰したお湯を3合のラインまで注ぎ、袋に入った鶏胸肉を入れます。
(保存袋の中の空気はなるべく出して真空状態に近づけておきましょう)

保存袋が浮かないように重しとして耐熱皿を乗せ、さらに5合のラインまで熱湯を足します。
そのあと、炊飯器のフタをして保温ボタンを押し1時間半待ちましょう。

1時間半たったら炊飯器から出して袋はあけずに冷めるまで待ち、冷めたら流水でサッと洗って完成です。

どうでしょうか?
だいぶ簡単な作り方で鶏ハムが完成しましたね。

さて、それでは炊飯器で作る鶏ハムについてもアレンジレシピをご紹介したいと思います。

○鶏ハムの和風しそ巻き

【材料】
・鶏胸肉…2枚
・塩…大さじ1
・砂糖…大さじ1
・黒胡椒…適量
・七味唐辛子…適量
・青しそ…7~8枚
・柚子の皮のすりおろし…1個分

【手順】
1・鶏胸肉は厚みを均等にしてフォークで何箇所か刺した上で、保存袋に入れます。

2・1の中に塩と黒胡椒、砂糖を入れてよく揉み込みます。30分ほど置くと味が馴染ますので、少し寝かせます。

3・鶏肉の塩分などは洗わず、そのまま皮があった面を下にして柚子の皮のすり下ろしをかけてから青しそをおきます。

4・3をグルッと巻いたらラップで包んで円柱状になるようにして、もう一度保存袋の中に入れます。

5・あとはさきほどご紹介した炊飯器での鶏ハムの作り方を参照にしてもらって、同じ手順で保存袋を炊飯器の中に入れて熱湯を注ぎ保温ボタンを押します。

6・1時間~1時間半で炊飯器から取り出して荒熱を取ったら完成です。

これは青しその風味とゆずの皮の香りが非常に特徴的なアレンジレシピとなっています。
御節に入れても良いような和風の仕上がりになります。

基本的には炊飯器の保温ボタンを押して放っておくだけですので、簡単な作り方といえるでしょう。

誰がやっても失敗しない作り方ですし、炊飯器の場合お湯を沸かすよりも温度が一定に保てているので安心感もあります。

炊飯器で鶏ハムを作る際のアレンジ方法としては、生で食べても大丈夫な食材を中に包むというのがポイントです。
もちろん加熱はしっかりしていますから、食中毒などの問題はありませんが根菜などが柔らかくなるまでには時間がかかりますので時短という点で不向きといえます。

ちなみに炊飯器の場合は普通に鶏ハムを作るだけなら保存袋に入れるだけでいいので、ラップを巻く手間が省けて少し時間が短縮できるというのがメリットです。

このように鶏ハムはお湯で茹でるだけでなく、電子レンジや炊飯器を使った簡単な作り方がありますのでぜひ実践してみてくださいね。