facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

鶏ハムの冷凍保存の仕方や解凍方法~アレンジレシピもご紹介~

家庭で手軽に作れるということで人気の鶏ハム。最近では炊飯器を使ったレシピも好評で手間ひまかけずに作れるお得料理として知られています。

 

特に鶏ハムに使う胸肉は比較的材料費が安いので家計にも安心で大助かり。セールなどで売られているときには多めに買って各料理に仕込むこともあるかと思います。

 

そんなときに便利なのが鶏ハムにして冷凍保存する方法です。

これならある程度の期間保存しておけますので、必要なときに解凍するだけ。

 

しかし、このときに知っておきたいのが鶏ハムを冷凍庫で保存したときの賞味期限です。

正しい知識を身に付けておかないと食中毒などのリスクもありますので、やはり抑えておきたいポイント。

 

また、合わせて鶏ハムを美味しく食べられる解凍方法もご紹介していきますのでぜひこちらを参考にしてみてください。

 

鶏ハムを冷凍庫で保存した場合の賞味期限は?

 

まず鶏ハムを冷凍庫で保存する際には、1回で食べきれる量にスライスまたはカットして小分けにすることをおすすめします。

これには、塊の鶏ハムを取り出して解凍・カット・再冷凍という余計な手間を省いて品質の劣化を防止する効果があります。

 

冷凍保存の賞味期限はおよそ3週間を目安に考えてください。

それ以上になりますと冷凍焼けを起こしたりして、品質が不安定になります。

冷蔵保存だと3~4日程度ですが、どちらもなるべく早く食べきることをおすすめします。

 

スライスする場合にはなるべく平らに重ねてラップで包み、ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れましょう。

厚めにカットしたものも同様に2重で保存をすることを忘れないように。

 

冷凍庫というのはかなり乾燥する場所ですので、鶏ハムの持ち味であるしっとりとした食感を損ねてしまう可能性があります。

それを防止するためにも2重で外気から守る必要があるのです。

また、鶏ハムは淡白な味わいと香りが特徴ですので冷凍庫内の匂いが付くこともこれで防げます。

 

鶏ハムの正しい解凍方法について

 

小分けにした鶏ハムを冷凍庫から取り出し、電子レンジに入れるような行為は基本的にNGです。

余分な加熱により肉が硬くなってしまいますので、おすすめできません。

 

鶏ハムは食べる半日前ほどから冷蔵庫に移して、自然解凍を促すようするのがベスト。

こうすることで出来立てのしっとり柔らかな鶏ハムが長期間にわたって楽しめます。

 

小分けにしたのには解凍時間の短縮という狙いもありますので、なるべく細かく分けるといいですね。

鶏ハム同士が重なれば重なるほど中心部分の解凍に時間が掛かってしまいますので。

 

冷凍しても楽しめる鶏ハムのアレンジレシピ

 

鶏ハムには色々なアレンジレシピがありますが、その中でも作ったあとに冷凍保存が可能で解凍後も美味しく食べられるレシピをご紹介していきます。

 

○塩麹で作る保存用鶏ハム

【材料】

・鶏胸肉…2枚

・塩麹…大さじ3

・はちみつ…小さじ1

・ブラックペッパー…適量

 

【手順】

1・鶏胸肉を開いて包丁の背などで叩いて伸ばします。伸ばしたあとは包丁の先で何箇所か少し切れ込みを入れます。

 

2・塩麹とはちみつを混ぜたものを1に揉み込むようにして味を馴染ませます。

 

3・保存袋に入れて冷蔵庫で1晩ほど寝かせます。

 

4・時間が経った鶏胸肉を取り出し、流水でサッと洗い流します。

 

5・多めの水を沸騰させた中に、ラップでキャンディー状(2重がおすすめ)に巻いた鶏胸肉をボイルします。時間はおよそ1時間です。

 

6・加熱が終了したらお湯から取り出して荒熱を取り、冷まします。

 

7・冷めたものをスライスして完成です。仕上げにブラックペッパーを振りかけても美味しくいただけます。

 

こちらは冷凍保存をメインに考えた鶏ハムの作り方です。

まず塩麹を使うことによって食材自体の保存期間を延ばす効果が期待できます。

また、冷凍庫に入れるとどうしてもある程度乾燥してしまうのですが塩麹にはちみつを混ぜ合わせることによって周りをコーティングさせ外気から鶏ハムを守ります。

 

味付け自体はシンプルですが、その分どんな料理にも応用可能です。

大量に作っておけば食卓のおかずやお弁当の一品に大活躍しますので、おすすめの冷凍保存用レシピといえるでしょう。

 

○簡単・塩麹鶏ハムのサラダ仕立て

 

【材料】

・塩麹鶏ハム…1枚

・アボカド…1個

・トマト…半分

・サニーレタス…3~4枚

・アルファルファ…半パック

・ラディッシュ…2個

・お好みのドレッシング

 

【手順】

1・塩麹鶏ハムとアボカド、トマトはそれぞれ3cm角にカット。

 

2・サニーレタスは適度な大きさにちぎり、流水で洗い水に数分つける。その後水切りをします。(少し水につけておくと葉っぱに瑞々しさが戻ります)

 

3・アルファルファも軽くサッと洗い、水気を取っておく。

 

4・1~3をお皿に盛り付けて、お好みのドレッシングをかけて完成です。

 

こちらはさきほどご紹介した塩麹鶏ハムを使ったサラダ仕立ての簡単レシピです。

鶏ハムのジューシーな味わいと野菜がマッチして、ヘルシーな一皿が出来上がります。

ドレッシングはお好みのもので大丈夫ですが、鶏ハム自体に塩分はありますからかけすぎないように注意してください。

 

○きのこの時雨煮、鶏ハム巻き

 

【材料】

・鶏胸肉…1枚

・塩…適量

・はちみつ…適量

 

・まいたけ…半パック

・えのき…半パック

・ごぼう…1本

・人参…半本

・★醤油…大さじ1

・★みりん…大さじ1

・★酒…小さじ1

・★砂糖…少々

・★水…50cc

 

【手順】

1・まず鶏胸肉を開いてフォークで何箇所かを刺します。これは味を染み込みやすくするためです。

 

2・1に塩をまぶしてはちみつを塗ります。その後保存袋に入れて3時間ほど冷蔵庫で寝かせます。

 

3・その間にまいたけとえのきをサッと水で洗い流し、土や泥などを取り除きます。洗ったら手で食べやすい大きさにきのこを分けていきます。

 

4・ごぼうも水洗いをした後、たわしや包丁で皮を削ります。ある程度綺麗になったらささがき状にしていきます。

 

5・人参はピーラーで皮を剥いて千切りにします。

 

6・フライパンに★の調味料を入れ加熱。ごぼうと人参を投入してしばらく炒めます。ごぼうがしんなりとしてきたらまいたけとえのきも入れて再度炒めます。

 

7・3時間ほど経った鶏肉を冷蔵庫から出し、流水で余分な塩分とはちみつを洗います。軽くで大丈夫です。

 

8・開いた状態の7に6を乗せて巻いていきます。巻いたらラップでキャンディー状にきつく縛ってください。このときラップは2重にするとあとで剥がれたりしないので便利です。

 

9・8を60℃~70℃程度のお湯の中に入れて、約1時間ほど加熱します。

 

10・加熱し終わったらお湯から取り出して荒熱を取り、食べやすい大きさにスライスして完成です。冷蔵庫に入れる際にはカットせずにラップを取り替えて巻きなおしてからタッパーで保存しましょう。

 

こちらの「きのこの時雨煮、鶏ハム巻き」は冷凍保存できる食材を使用していますから長期的な常備菜として重宝されるアレンジ料理です。

味が淡白になりがちな鶏ハムに濃い目の味付けをした時雨煮を入れることによって、ごはんのおかずとしても相性が抜群の料理になります。

 

お子さんがいる家庭でも、これなら周りが鶏肉で包まれてますからすんなりときのこや根菜を食べてくれると思います。

生野菜が嫌いなお子さんにはサラダの代わりに野菜を摂取するレシピとして活用できるのではないでしょうか。