facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

鶏ハムを使ったヘルシーラーメンアレンジ、ピザやの具材にも応用

自宅で簡単に作れることから、とても人気の高い鶏ハム。
鶏胸肉を使うため、カロリーも低く子供にも食べさせやすいと評判ですが、あっさりしすぎた料理を出し続けると飽きられてしまいます。
そういったときにおすすめなのが、鶏ハムをラーメンなどの具材にアレンジしてしまうことです。
ラーメンは誰しもに好まれる国民食のひとつ。
しっかりと食べ応えもあり、お腹も満たされます。
ただ、やはりラーメンはカロリーが高いということで鶏ハムの出番です。

具材に使えばとても低カロリーのラーメンが完成しますし、さらに作り方によっては鶏ハムを作る際に出る鶏スープも使い回せて一石二鳥。
ぜひこちらのアレンジレシピを試してみてください。
また、ピザなどに加えても良いアクセントになりますので、そちらも参考にご覧ください。

まずは鶏ハムを作りながらスープも取れる方法

鶏ハムを作る際にはラップを巻いてボイルするのが一般的ですが、こちらではラーメン用のスープと取るためにあえてラップを巻かない方法で鶏ハムを作っていきます。
また、この方法は鶏胸肉に皮が付いているときなどにも有効で、程よく脂を落としてくれるのでおすすめです。
それではまずラップなしの鶏ハムの作り方をご紹介しましょう。

○ラップなしで簡単鶏ハム

【材料】
・鶏胸肉(皮付きでもOK)…2枚
・はちみつ…大さじ2
・塩…大さじ2
・大きめの鍋にお湯…2リットル程度
・ネギ…1本
・しょうが…1欠片

【手順】
1・まずフォークで鶏胸肉を刺します。お肉全体をまんべんなくフォークで突くようにしましょう。

2・鶏胸肉が程よくクタッとなったらそこに蜂蜜と塩を揉み込み、タコ糸でしばります。

3・タコ糸でキュッと縛って丸めたら1時間ほど冷蔵庫に放置、その後沸騰しているお湯に入れます。
(このとき塩気が抜けるので多めに塩を塗り込んでいます)

4・ボイルして15分ほど経過したら、串を刺して中まで火が通っているか確認します。
(火が通っていたらOK)

5・4を乾燥させないようにラップで巻いたらしばらく荒熱で中の芯までじっくりと熱が加わるのを待ちます。およそ20分程度です。

6鶏肉を引きあげた鍋にカットしたネギを青い部分も含めて投入、しょうがも包丁で叩いて繊維を壊したものを入れます。

7・弱火で30分ほど沸騰させないようにネギとしょうがの旨味を取り出したら完成です。

こちらは鶏ハムを作りながら鶏出汁のスープを作る方法です。
鶏ハムはラップを巻いていないため、短時間加熱しあとはラップに巻いて余熱で火を通すのがポイントです。
乾燥を防ぐためにはちみつを揉みこんでおくのも重要な作業のひとつ。
スープには鶏の出汁が出て、ネギとしょうがが臭みを取りながら味を引き締めてくれます。
完成したスープの味を確かめて、少し薄いようであれば塩を加えて味を整えましょう。

○鶏ハムを具材にしたシンプルな鶏出汁アレンジラーメン

【材料】
・鶏ハム…1枚
・中華麺(細ちぢれ麺)…2人前
・鶏スープ…適量
・長ネギ…1本
・もやし…1袋
・ニラ…1束
・ゴマ油…適量
・塩・コショウ…適量
・ブラックペッパー…適量
・温泉卵…市販のもの1個

【手順】
1・鶏ハムはラーメンのチャーシューのように薄くスライスしておきます。

2・次に長ネギは白髪ネギの状態にしてボールの水にさらしておきましょう。
10分ほど経ったらザルに上げて水気をきります。

3・もやしとニラをサッと水洗いしたら、鍋にゴマ油を引き強火で炒めていきます。
最初にもやしを入れて少し炒めてからニラを入れるとちょうどよくなります。

4・炒めたもやしとニラはシンプルに塩・コショウのみで味付け。少し濃い目くらいで大丈夫です。

5・先ほど鶏ハムを作るときに取った鶏出汁のスープを器に入れたら、ボイルした中華麺も投入。

6・スライスした鶏ハム・炒めたもやしとニラを盛り付けたら市販のもので構いませんので、温泉卵を半分にカットして添えます。

7・お好みでブラックペッパーをかけたら完成です。

こちら非常にシンプルな具材ながら鶏ハムの旨味を最大限に引き出せるような内容となっています。
もやしとニラをゴマ油で炒めることで風味が増し、味にアクセントを付けることができますのでぜひ試してみてください。
スープは元々鶏ハムのお肉から出ているものなので、非常に全体の一体感を味わえる仕上がりとなります。
スープが柔らかく薄味なので、細いちぢれ麺でないとバランスが悪くなってしまうのでそちらもポイントです。
なお、こちらは2人前の材料となっています。

○鶏出汁スープをつけ麺にも応用

【材料】
・中華麺(中太ちぢれ麺)…1人前
・鶏ハム…1/2枚
・鶏出汁スープ…200cc
・★醤油…大さじ2
・★にんにく(チューブ可)…大さじ1
・★しょうが(チューブ可)…大さじ1
・★鳥皮…50グラム
・★ゴマ油…大さじ2
・ごま…適量
・穂先メンマ…3~4
・海苔…1枚

【手順】
1・鶏ハムは先ほど同様チャーシューのようにスライスにしておきます。

2・★の材料を別の鍋に入れて、鳥皮を焦がすようにしながら炒めます。
このとき鍋底が焦げ付きすぎないようにしてください。
(完全に焦げると苦味のもとなるため)

3・鳥皮から脂が出て、しんなりとしてきたら鶏出汁スープを入れて弱火、少し全体を混ぜてください。

4・中華麺をボイルし、時間がきたらザルに上げて氷水で冷やします。
そして器に3のスープを入れたら、鶏ハムと穂先メンマを盛り付けます。

5・冷やした麺を別の皿に盛り付けたらごまを振り掛けて海苔を添えたら完成です。

こちらは少しパンチの効いた味に仕上げた鶏ハムアレンジつけ麺です。
鶏ハムのさっぱりとした味わいとにんにく醤油の効いた鶏のスープが非常にマッチする1品となっています。
特徴としては鳥皮を焦がすことによって出てくる脂が、スープに旨味を加えます。
最初に鶏ハムを作ったときの脂分だけではサッパリとしすぎてしまうので、追加で鶏油を足したということですね。
穂先メンマや海苔以外にも味玉などもよく合いますので添えてみてください。
鳥皮も具材として食べられますが、カロリーを気にするのであれば3の段階で外しましょう。

ピザの具材に鶏ハムを応用

鶏ハムは淡白な味わいが特徴ですので、味のバリエーションを増やすことが簡単にできます。
ピザなどの具材に応用する際にはバジル風味などにすると非常に相性がよくなります。

○バジル風味の鶏ハムをピザにトッピング

【材料】
・鶏胸肉…1枚
・ピザ生地…1枚
・トマトピューレ…大さじ3
・スライスチーズ…適量
・バジル(粉)…大さじ1
・フレッシュバジル…3~4枚
・ブラックペッパー…適量
・塩…大さじ1
・砂糖…小さじ1

【手順】
1・まず鶏胸肉をフォークで刺して、そこに塩と砂糖とバジルを揉み込みます。

2・ラップで巻いて熱湯で中まで加熱したら取り出して冷ましておきましょう。

3・ピザ生地にトマトピューレを引いてスライスチーズをまんべんなくかけます。

4・オーブンでピザ生地に表示されている時間の半分まず焼きます。

5・時間が半分過ぎたら2で出来上がった鶏ハムをスライスして乗せます。
(このときにフレッシュバジルも同時に乗せます)

6・焼きあがったピザにブラックペッパーを適量かけたら完成です。

とてもシンプルなマルゲリータスタイルの鶏ハムアレンジピザですが、バジルの風味が効いてとても美味しく仕上がります。
鶏ハムにバジルを加えてボイルすることで香りが立ちますし、さらにトマトピューレとの相性も良くなります。
具材がヘルシーなので脂肪分もほとんどなく、罪悪感なくピザを味わえますのでぜひ試してみてください。