facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

鶏ハムを使った献立やレシピ、お弁当の一品からメイン料理まで

鶏ハムは一度に大量に仕込むことが可能なので、冷蔵庫の中にストックしておくとなにかと便利な食材です。

しかし、毎回同じ味付けでは飽きてしまいますよね。
そんな方のために色々な献立をご紹介して、鶏ハムを無駄なく使い切るアイディアレシピの数々をご覧になっていただこうと思います。

1日単位での献立やお弁当に入れられるようなものまで、たくさん見ていきます。
メイン料理にもアレンジできますから、これで鶏ハムが余ったりして困ることがなくなるはずです。

鶏ハムを1日で食べきる献立

鶏ハムの賞味期限はだいたい3~4日ほどですが、早めに食べきるにこしたことはありません。
やはり作りたてが柔らかくてジューシーですから。

前の晩に塩や砂糖、ハーブなどで漬け込んでおいた鶏胸肉を朝に調理して鶏ハムに仕上げたらその日に使いまわせて飽きない献立を考えましたので参考にしてみてください。

○朝食にぴったりなサンドイッチアレンジ

【材料】
・鶏ハム…スライス3枚
・サニーレタス…2枚
・トマト…1/4個
・きゅうり…1/3本
・マヨネーズ…大さじ2
・マスタード…小さじ1
・食パンorバゲット
・バター…適量

【手順】
1・鶏ハムはスライスにして3枚ほど用意、サニーレタスはちぎって食べやすい大きさにします。

2・トマトときゅうりはスライスに、薄く切った方が具材が全体的に馴染みます。

3・マヨネーズとマスタードをあらかじめ混ぜておきます。

4・パンにバターを塗り、野菜→鶏ハムの順番に挟んで3をかけたら完成です。

朝は手軽に楽しめるようにサンドイッチスタイルにアレンジしてみました。
時間も掛からず鶏ハムの旨味をしっかりと感じられるレシピとして人気の高い献立のひとつですね。

フランスパンなどのちょっと硬めのパンが鶏ハムには良く合います。
またチーズなどをお好みで加えても美味しいですよ。

○お昼は鶏ハムを使ったエスニックな冷やし中華

【材料】
・冷やし中華(麺)…1玉
・鶏ハム…1/2枚
・レモン…1個
・パクチー…お好きなだけ
・★冷やし中華(タレ)…1袋
・★スィートチリソース…小さじ1
・★チューブにんにく…少々
・★ナンプラー…少々
・★レモン汁…お好みの量

【手順】
1・鶏ハムはスライス、レモンは輪切り、パクチーは3cmくらいに切ります。

2・★の調味料をすべてボールに入れて混ぜ合わせる。

3・冷やし中華の麺を商品の表記通りに茹でて、冷水でひきしめます。

4・3の中華麺に1の具材を綺麗に盛り付けて、2の調味料をかけたら完成です。

こちらも比較的簡単なアレンジレシピですね。
夏場のお昼の献立には活躍する冷やし中華ですが、ちょっといつものものとは違った味が楽しめるかと思います。
エスニック料理が好きな方なら季節問わずハマるかと思いますので、ぜひ一度試してみて下さい。
ボリュームはしっかりありますが、カロリーはかなり低いのでダイエット中の方でも食べられる献立となっています。

○夜には鶏ハムステーキでメインディッシュに

【材料】
・鶏ハム…1枚
・オリーブオイル…適量
・ニンニクスライス…少々
・ブラックペッパー…適量
・クレイジーソルト…少々

【手順】
1・鶏ハムを1枚まるごと用意します。常温に戻しておくと仕上がりがよくなりますので、冷蔵庫から取り出して30分ほど待ちます。

2・フライパンにオリーブオイルとニンニクのスライスを入れて加熱します。ニンニクの色が変わったら一度取り出してください。

3・2のフライパンに1の鶏ハムを丸ごと入れます。焼き目が付けば大丈夫ですので、強火でかまいません。

4・全体にブラックペッパーとクレイジーソルトをかけたら、フライパンから取り出してカットします。お皿に盛り付けたら完成です。

アスパラガスやトマト、じゃがいもや人参といった付け合せもあるとお皿が華やかになりますのでおすすめです。
夜はしっかりとご飯が食べられるように鶏ハムをメインディッシュにおいた献立にしてみました。
鶏ハムはすでに中まで火が通っていますので、焼き目がつけばオーケーです。
あまり長時間加熱すると中のしっとり感がなくなってしまうので注意しましょう。
ちなみにある程度日にちが経った鶏ハムでも代用可能です。
香ばしさがプラスされて美味しさが復活します。
もしステーキにして余った場合は、翌日にサンドイッチの具材にもできますので多少量が多くても問題はありません。

鶏ハムのお弁当に使える献立

鶏ハムの応用力は非常に優秀ですので、様々な形にアレンジ可能です。
また保存も効く食材ですからお弁当に入れても安心。

お子さんがいる家庭では主婦の方にとってお弁当の献立を考えるのは一苦労ですよね。
そこで安く作れて使い勝手のいいお弁当に合う鶏ハムのレシピをご紹介していきたいと思います。

○鶏ハムの中華風惣菜レシピ

【材料】
・鶏胸肉…1枚
・塩胡椒…適量
・料理酒…大さじ1
・★マスタード…小さじ1
・★ごま油…小さじ1
・★ポン酢…小さじ1
・★鶏胸肉の出汁…全部
・もやし…1袋
・ウェイパー…小さじ1弱
・刻みネギお好みで
・ゴマお好みで

【手順】
1・胸肉を開いて塩胡椒とお酒を振ってラップで巻いて端を縛ります。なるべくきつくしてください。

2・鍋にお水と1を入れてそのまま15分程茹でる。あとは余熱で火を通すのでそのまま置いておく。

3・粗熱のとれたお肉をラップから出しますが、その時にでた出汁は捨てずにその出汁と★の調味料を混ぜます。

4・もやしは茹でて熱いうちにウェイパーを入れてよく混ぜ合わせます。

5・もやしをお皿(お弁当箱)に引いて、3の鶏ハムをカットして添えます。全体に3のソースをかけたら完成です。

もやしで量を増やすこともできて、安価に美味しく一品完成することができました。
子供にも人気の味付けですから、お弁当に入れても喜ぶと思います。
お好みでネギとごまを振りかけてください、ネギが嫌いな子供もいますからね。

○鶏ハムの甘辛味噌がけ

【材料】
・鶏ハム…1枚
・★味噌マヨネーズ…各大さじ1
・★酒・みりん…各大さじ1
・★醤油・砂糖…各小さじ1
・★豆板醤…小さじ1/2~1

【手順】
1・★の調味料をボールなどにすべて入れて混ぜ合わせる。

2・鶏ハムをスライスして1をかけたら完成です。

こちらは忙しい主婦のための超簡単レシピです。
タレの味が決め手ですね。
朝の慌しい時間の中で、お弁当に入れる一品に迷ったら使える献立のひとつです。
作りおきしておいた鶏ハムをカットしてタレを作るだけなので5分程度で調理が済みます。
味付けが濃い目なので、中学生以上のお子さん向けといえるかもしれません。

大人の方でもお酒のお供になりますのでおすすめです。

○鶏ハムのアスパラ明太巻き

【材料】
・鶏胸肉…1枚
・アスパラガス…1本
・明太子チューブ…適量
・塩…小さじ1
・砂糖…小さじ1

【手順】
1・鶏胸肉を開いて塩と砂糖をよくすり込みます。

2・水洗いして下茹でしたアスパラガスを真ん中におき、周りに明太チューブを適量塗ります。

3・2重にラップをしたら、沸騰したお湯に入れて約15分待ちます。時間が経ったら火を止めて5分ほど放置します。

4・3をお湯から上げてカットしたら完成です。

思春期のお子さんのお弁当に入れる献立を考えるのはなかなか難しいものです。
やはりちょっとオシャレな感じも必要になってきますから、少し彩りのいいアレンジレシピをご紹介しました。
アスパラガスの緑と明太子のピンク色が鮮やかな一品です。
ぜひお試しください。