facebook

美味しい鶏辞典Dictionary

鶏ハムを炊飯器で作る方法、アレンジでいろいろな具材に

鶏ハムをより簡単に作るのであれば炊飯器を使うのがおすすめ。
火の加減を見ている必要もないので、合い間に家事をほかの料理の準備や家事が出来て非常に便利です。
ここではそうした鶏ハムを炊飯器で作る方法をご紹介しながら、そこで作った鶏ハムをアレンジしていろいろな料理の具材にも応用していきます。
ラーメンやピザのトッピングなどにも使えるので、しっかりとした主食メニューのバリエーションも増えますよ。
ぜひ参考にして試してみてください。

鶏ハムを炊飯器で作る方法

まずはシンプルに炊飯器を使ってプレーンの鶏ハムを作ってみましょう。
こちらを覚えるだけで、あとはいろいろと応用していけば味付けも変化が加えられて便利です。

○炊飯器で作る鶏ハム

【材料】
・鶏胸肉…2枚
・塩…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・料理酒…大さじ1

【手順】
1・まずは通常の鶏ハム同様フォークで鶏胸肉を刺していきましょう。
お肉全体をまんべんなくフォークで突くようにして行います。

2・鶏胸肉に料理酒をまぶしながら、塩と砂糖を全体的に揉み込みます。
ジップロックなどの保存袋に入れるとやりやすいです。

3・鶏胸肉を入れた保存袋の空気をしっかりと抜き、真空状態にします。
(このとき肉同士が重ならないようにすると、火の通りが均一になります。)

4・炊飯器に保存袋を入れたら、上から熱湯を注いで炊飯器を保温状態にします。

5・鶏肉の大きさによりますが、30分ほどで完成です。肉質が厚めの場合は1時間ほど置いておいても大丈夫です。

こちらは非常にシンプルな炊飯器用レシピです。
料理酒を加えることで風味としっとり感が増しますので、ぜひお試しください。
鶏肉があまり厚いと中にまで火が通らなくなってしまうので、最初にフォークで刺すときに厚さを均一にしておくとあとが楽です。

○鶏ハムといんげんのごま和え

【材料】
・炊飯器鶏ハム…1枚
・いんげん…7~8本
・すりごま…適量
・塩…小さじ1
・砂糖…大さじ1
・三つ葉…適量

【手順】
1・炊飯器で作った鶏ハムをなるべく薄くスライスします。

2・いんげんはボイルしておきましょう。

3・1と2をボウルに入れて、すりごま・塩・砂糖でよく和えます。

4・お皿に盛り付けて三つ葉を添えたら完成です。

シンプルに作った鶏ハムは、こちらも簡単に和え物にアレンジ。
鶏ハムの塩気といんげんの程よい甘さがマッチしてとても便利な常備菜が出来上がります。
ごま和えにすることで栄養価も高まり、さらに飽きのこない味わいとなりますので試してみてください。
こちらは作り置きしていた鶏ハムでも代用できますので、少し柔らかさがなくなってしまったという鶏ハムはこうして和え物などにすると美味しく復活します。

鶏ハムを炊飯器で作るときのいろいろアレンジ

ここからは炊飯器で鶏ハムを作るときの応用編です。
工程は先ほどと同じですが、加える調味料によって味わいも変わり、いろいろな料理にアレンジすることができます。

○中華風の鶏ハム

【材料】
・鶏胸肉…2枚
・塩…小さじ1
・砂糖…大さじ1
・醤油…大さじ2
・にんにく(チューブでも可)…適量(好みで調整)
・しょうが…大さじ1
・料理酒…大さじ1

【手順】
1・先ほど同様、鶏胸肉をまんべんなくフォークで刺します。

2・調味料をすべてジップロックに入れて、鶏胸肉とよく混ぜ合わせて揉みこんでください。

3・30分ほどそのまま放置します。
(夏場は冷蔵庫で保管しましょう)

4・時間が経ったら炊飯器に袋ごと入れて、お湯をかけて保温状態にします。

5・30分から1時間ほどで完成です。

炊飯器を使ってとても簡単に中華風の鶏ハムを作る方法です。
にんにくはお好みの加減で加えてもらって構いません。
通常であれば大さじ2くらいで大丈夫です。
加熱する前に少し時間を置くところがポイントで、にんにくとしょうがの風味がしっかりと下味として付くまで待つことで中にまで味が染みこみます。
料理酒と醤油を合わせることで浸透率もアップして時短効果もありますが、塩分を控えめにしたい方は醤油の分量を少し減らしてください。

それではこちらの中華風の鶏ハムを使った応用レシピも見ていきましょう。

○中華風の鶏ハムを使った自宅で本格ラーメン

【材料】
・中華風鶏ハム…1枚
・中華麺…1人前
・鶏ガラスープのもと…小さじ2
・鳥皮…50グラム
・鶏のもみじ…100グラム
・生しょうが…1個
・長ネギ…1本
・生にんにくスライス…にんにく1/3個
・醤油…大さじ2
・砂糖…小さじ1
・かいわれ…適量
・味玉…1個

【手順】
1・手鍋にお湯を沸かし、そこに鳥皮・鶏のもみじ(足)・しょうが(皮を剥いてスライス)・長ネギ(鍋に入る長さにカット)を入れて中火で加熱します。
(このとき丁寧にアクを取りましょう)

2・沸騰しないように気をつけながら20分ほど鶏の出汁を取ったら、中の具材を取り出します。

3・次に生のにんにくをスライスしたものと醤油・砂糖・鶏ガラスープのもと小さじ2を加えて弱火で10分加熱します。
(スライスしたものを包丁の背で叩いておくと時短になります)

4・少しにんにくの香りがしてきたらスープは完成です。

5・中華風鶏ハムは3cm幅にスライス、味玉は半分にカット。

6・中華麺を茹でて、スープと一緒に器に入れたら、鶏ハムやかいわれなどの具材をトッピングして完成です。

鶏ハムを簡単に作った分、少しスープは本格的に仕上げてみようというレシピです。
鶏から出るスープを使って自宅でも本格的なラーメンが味わえます。
本来は鶏ガラスープを使わずに作りたいのですが、材料費と時間が掛かり過ぎてしまうので節約用にこういったレシピとなっています。
鳥皮やもみじを増やして鶏出汁を取る時間を増やせば鶏ガラスープのもとがなくても充分に味が染み出ますので、余裕がある方は挑戦してみてください。
炊飯器で作った中華風鶏ハムとラーメンの相性は抜群です。
もちろんそのまま食べてもお酒のおつまみやごはんのおかずに最適ですので、ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。

○炊飯器で作るハーブ鶏ハム

【材料】
・鶏胸肉…2枚
・クレイジーソルト…大さじ2
・砂糖…小さじ1
・バジル(粉)…適量
・オリーブオイル…大さじ2

【手順】
1・鶏胸肉をフォークでまんべんなく刺して、ジップロックなどの保存袋に投入。

2・クレイジーソルト・砂糖・バジル・オリーブオイルと一緒に揉み込みます。

3・炊飯器に袋ごと入れて、お湯を入れたら保温。30分~1時間で完成です。

こちらはクレイジーソルトとバジル、オリーブオイルで洋風にアレンジした鶏ハムです。
ピザなどの具材にも使えますので、覚えておくと料理のバリエーションが増えます。
また、そのままスライスしてモッツァレラチーズとトマトを和えれば「鶏ハムのカプレーゼ」としてオードブルの1品にもなる優れもの。

○ハーブ鶏ハムのピザ

【材料】
・ハーブ鶏ハム…1枚
・ピザ生地…1枚
・トマトソース(市販のものでOK)…適量
・スライスチーズ…適量
・フレッシュバジル…3~4枚
・アスパラガス…3~4本
・にんにくスライス…適量

【手順】
1・アスパラガスは節を削いで斜めにカット、熱湯でサッと下茹でします。

2・鶏ハムは2cm幅にスライスしておきましょう。

3・ピザ生地にトマトソースを塗り、アスパラガス・鶏ハムをトッピングし、上からチーズをまんべんなく掛けます。にんにくスライスも一緒に乗せてください。

4・オーブンで焼き目が付くまで加熱したら完成です。

こちらもとても簡単に本格的なピザが出来上がりますので、おすすめのレシピです。
ハーブアレンジをした鶏ハムが旨味を出してくれて子供にも喜ばれやすい料理となっています。
簡単に昼食を用意したい主婦の方には、ぜひともおすすめなので試してみてください。